オフィスを借りて登記をする

オフィスを借りて登記をする

オフィスを借りて登記をする 会社を立ち上げるときには、会社設立の商業登記をしなければならないことをご存知でしょうか。会社と言うのは実にないものなので、実態を持たせるためには、法律的な登録作業が必要です。この作業をするためには法務局に申請書類を提出するのですが、住所が必要となります。バーチャルオフィスを借りれば法人としての住所が確立されることになり、会社としての信頼性が増していきます。
事務所を自宅に噛まれるよりも、しっかりとした会社であることをアピールすることが可能となります。商業登記簿は誰でも見ることができますので、あなたの会社がちゃんとした住所にあることを登録情報から知ることができます。きちんとした住所が載っている事は会社を立ち上げる上で非常に大きな意味があるのです。また、バーチャルオフィスは一般的な事務所を借りるよりも賃料が安いこともメリットです。資金が乏しいスタートアップでもバーチャルオフィスなら借りることができます。

バーチャルオフィスの住所を法人登記、デメリットは

バーチャルオフィスの住所を法人登記、デメリットは 起業する際に、バーチャルオフィスを活用するケースが増えています。バーチャルオフィスとは、実際のオフィススペースではなく、業務上使用する住所や電話番号のみを借りるというサービスのこと。実際の業務は自宅で行う場合でも、自宅住所を法人登記して公開するのは抵抗があるという人に選ばれています。バーチャルオフィスは一等地にあることが多いので、対外的な信用を高める効果もあります。賃貸事務所を契約するケースに比べて、はるかにコストを抑えられる点もメリットです。

デメリットとしては、バーチャルオフィスの住所では銀行の法人口座の開設が難しい場合があること、リサイクル業などの一部の業務の許認可が下りない可能性があることなどが挙げられます。法人口座の開設は、銀行によっては比較的スムーズに開設できることがあります。また、会社として実績を積み、事業内容をきちんと説明できれば問題なく作れるでしょう。なお、法人登記をすることについてはとくに問題ありません。